ゆるフォトLesson 2

LESSON

ゆるフォトLesson 2 『もっと簡単に写真を写したい!』

春がいよいよやってきて、穏やかなポカポカ日和になってきましたね。 

この間の寒さがウソのよう。

先日、桜が満開となりました。

桜はいつみてもやっぱり綺麗ですね。

綺麗なものをみると自然とカメラを取り出して、シャッターを夢中で押しちゃいます。

フィルムカメラ、デジタルカメラ、携帯カメラ、一眼レフカメラetc.. カメラの種類がたくさんあって、マニュアルがそれぞれあって。 新しいカメラを買ったら、また使い方覚えなくちゃなんないじゃないの!って思いますよね・・。

訳の分かんないボタンやら、機能が沢山ついていてマニアック。 でもです・。

色々なカメラに共通している部分がありまして、 4つの撮影モード。 これは大体のカメラについていると思います。

 1. マニュアルモード・・・M 2. 

2.プログラムオート・・・P 3. 

3.絞り優先オート・・・・A(Av)

4. シャッター優先オート・・S 

この4つ。

※ただし携帯カメラや、スマホは基本的にPのみになります。

そして、この中でオススメの撮影モードは・ 『絞り優先オート(AまたはAv)』です! 絞り優先オートのオススメの理由は ・背景がふんわりぼけるて、かわいく写る(ここって超重要!オシャレにみえる!) ・写真が明るすぎたり、暗すぎたりをカメラが自動で調節します(オート露出機能) この2つが大きな理由です。

本当に写っていればいいなーっていう場合のモードはお手軽プログラムオート(P)。

ただし!!実はこのプログラムオートは「ふんわりのぼけ方」がカメラ任せ。

「写真の明るさ」と「ぼけ方」はオートです。 ふんわり背景をぼかすのには向いていません。オシャレ感が出しづらい・・。 もう、本当に押せば写るモードです。 背景はふんわりぼけてはくれません・・。

彼の背景と手前がぼけてます。 

絞りを変えるとふんわりぼけて可愛くなりますよ♪ 

また、最初からマニュアルモードで撮影を始めると、 「写真が明るかったり、暗かったりを自分で程よい明るさに設定しなければならない為」 写真を撮る楽しみがむしろ苦痛に・・。 

ここで写真を撮るのがやんなっちゃう方が多いと思います。

カメラの設定とにらめっこ(汗) カメラを買ったら『絞り優先オート』でとにかくいっぱい写真を楽しんで~  たくさん色んな好きな物写してみて~ それで写真に慣れてきたら最終的にマニュアルモード(Mモード)を使う感じがいいと思います。

もちろん絞り優先モードはずーっと使えますよ♪ なもので・・

カメラを買ったら・・ 

絞り優先オート(A・Av)  →   マニュアルモード(Mモード)の流れがおすすめ! とりあえず写真撮れればいい!って方はプログラムオートです! 

今回はここまでにします~ 次回は 『写真が明るかったり暗かったりしたらどうすればいいの』 です。

よろしくお願いします☆ これどうしたらいいの~的なご質問、随時受け付けています!

お気軽にコメントくださいませ~

kazunori

  1. この記事へのコメントはありません。