ホタル

DIARY

6月といえば、ホタルの季節。

ずいぶんと昔、子供の頃、ホタルは近所の川の草むらにたくさん飛んでいたものです。

その夜はバケツ一杯にホタルをいれて きらきら光るその姿を 不思議な気持ちでじーっと見てこともありましたね。

今、自然のホタルを見るのには 随分と山奥に入った綺麗な川のそばまで行かなきゃなりませんね。

この日もホタルはひっそりと幻想的に舞っていました。

自然って本当に懐が深くて、不思議で。

そして魅力的。

知れば知るほど「自然」に驚くばかり。

人も自然から生まれたのであって その人の本来の「自然」な姿を 写真という見えるカタチとして残す。

よく「自然な雰囲気の写真」がいい!ってお声をよく聞きますが、 「自然な写真」ってなんだろう??とふと考える事があります。

元々その人の中に存在している笑顔、しぐさ、雰囲気。

その場で人工的に与えられない、ずーっと昔からあったもの 不思議なエネルギー。

作られたものではなく、生まれてきたもの ずっとこれからも「自然な写真」を追い求めていきたいですね。

だって僕は自然が好きですから!

kazunori

  1. この記事へのコメントはありません。